前稿でお伝えした通り、キャンプの分科会で特に反響の多かったクラス「中高生からの恋愛・性愛・結婚」について、キャンプに参加できなかった青年層から「聞きたかった!」とリクエストがあったので要約してリポートすることに。青年会報「Shalom」2018年4月号に掲載された要約記事をここに転載いたします。

かなり内容の濃い、そして今の若者たちに必要な学びを提供していただきました。偉策先生に心より感謝いたします。

あなたが幸せに生きるために「中高生からの恋愛・性愛・結婚の話し」
グレース聖書バプテスト教会:平岡偉策師

Continue reading »

二日目の朝を迎えました。みんなで朝食をいただいて、朝は妻とともに歩いてすぐのマキノサニービーチへ。湖畔で聖書を読みディボーションのひと時と散歩です「賛歩!」。

するとすでに先客が(笑)何人かのユースたちもビーチで聖書を読んでいました。ユースたちがディボーションしている姿を見ただけでとても励まされ恵まれました!

Continue reading »

キャンプのオープニング礼拝。いつもやや雰囲気堅めでスタートするのですが、今年は屋内レクでアイスブレイクしたからか、最初からほぐされたやわらかい雰囲気の中でスタート。

春の暖かいお天気もよかったのかもしれません。昨年利用した施設は山の中にあり、夜は氷点下の寒さでしたから。こちらは奥琵琶湖とはいえ、ちょうど気温がグッと上がった週でしたので、天候の守りも感謝でした!

Continue reading »

婦人集会の年齢別聖書の学びで、9年間かけて学んできた「キリストの生涯」シリーズ。最終回を恵みのうちに終えることができました。

この学びのベースになっているのは、2009年から2012年までに青年クラスで行ったテキストを、帰納的アプローチに、グループ聖書研究形式で出来るように作り変えたものです。これが結構大変でした。

しかし、毎回の学びで教えられ恵まれるとの皆さんのあたたかいお声を励みに「キリストの生涯」のシリーズを9年間続けることが出来ました。

Continue reading »

今年もYouth Camp 2018のためにテーマソングをリリース。今年のテーマである「一歩前へ」を思いながら書き下ろしたものです。キャンプだけではなく教会でもご自由に賛美してくだされば感謝です。ある教会ではキャンプから帰ってきて早速賛美してくださっているとかで感謝いたします。
先日、鹿児島の離島で伝道牧会されている先生とお会いした時に「先生、賛美作っておられます?うちの教会でも賛美していますよ♪」と言われ、びっくり(笑)。
沖縄で行われた合同ファミリーキャンプで、私の作った賛美を知ったとのことで用いてくださり感謝です。以前に関東の方の合同キャンプでも賛美されたとかお聞きしましたが、私たちのキャンプのテーマソングが、いろいろなところで賛美され、用いられていることを感謝して御名を崇めます。
 
今年も祝福のうちにYouth Campが行われました。春のポカポカ陽気、三日間とも最高のお天気のもとで、全国からのユースの参加者を迎えて恵みあふれるキャンプとなりました!
今年は初めて利用させていただく施設でしたが、素晴らしいロケーションでとても良かったです。歩いてすぐ琵琶湖。奥琵琶湖エリアの「マキノサニービーチ」が徒歩1分?とにかくすぐビーチです。
 
山側には雪がまだ山頂に残る美しいマキノ高原を望む素晴らしい景色。琵琶湖をガリラヤ湖に例えると、後ろにはヘルモン山と行った感じでしょうか。景色を見ているだけでも清々しい気持ちになり恵まれました。自然の豊かさに触れるのもキャンプの醍醐味ですよね!
 
全国規模のキャンプに
それにしても、毎年このキャンプにたくさんのユースが参加してくださることは本当に感謝でただただ励まされます。引率してくださる先生方のご協力にも心より感謝いたします。
 
北は青森、東は関東から、南は沖縄からも!沖縄組はこのキャンプの旅費のためにバザーを開いて、サポートレイズをされたと聞き大変励まされました。参加の背後に多くの祈りと働きがあったことを思い、感謝いたしました。今年も祝福にあふれたYouth Camp 2018、感謝を持って何回かに分けてレポートしたいと思います。

Continue reading »