20131102

数週間前から「CS教師訓練会」がはじまりました。すでにKIDS CHURCHやAWANAで何らかのかたちで子ども伝道の奉仕にたずさわっている兄姉がさらに良き主の働き手となるために学びを受けておられます。彼らの献身と尊いご奉仕に感謝しています。

この教師訓練会は私たちの教会では結構歴史のあるもので、千里ご出身の伝道者の先生方、千里時代に子どものたちのためにご奉仕くださった方々は受講されたことのある方は多いと思います。

私の母が生前、この「教会学校教師訓練会」の学びのテキストを作成してCSの奉仕者に教えていました。今回の教師訓練会でも、ベースとなっているのは、かつての母の講義ノートです。それに時代のニーズに合わせて加えている学びがあります。CS教師の心得、聖書理解、クラス管理、キリスト教教育原理、年齢別特質理解、教授法….神学校で学ぶ内容に劣らないほどのボリュームです。

受講者は、机上の学びだけではなく、毎週のKIDS CHURCHやAWANAで奉仕の実践があるので学びの吸収がとても豊かなものとなっていることを感じています。共に学びながら、実は毎回私自身が多くのことを教えられているのです!

忠実な人を訓練して、彼らに働きを委ねていくことは、聖書が教えている方法です。彼らの主にある活躍を見るのが、私の心からの喜びで主にある誇りです。何よりもこの尊い主の働きのためには祈りが必要です。続けて学びの祝福をお祈りください。CS教師訓練会が、新年度に向けて良い備えとなりますようにお祈りしています。

 

<今日のみことば>
「多くの証人の前で私から聞いたことを、他の人にも教える力のある忠実な人たちにゆだねなさい。」テモテへの手紙第二2章2節

 

Comments are closed.