20140813-15


バイブルキャンプの祝福
今年も大変祝福され思い出に残るバイブルキャンプとなり感謝でした!今回の講師の浅田牧師は幼馴染み。彼が愛知県に遣わされるまでは、千里で共に青年会などで奉仕て来た仲間です。

素晴らしい聖書からの解き明かし、その一言一言に心熱くされました。穏やかに丁寧にみことばを語る姿に私自身が多くのことを教えられ恵みを受けました。同世代の牧師たちの主にある活躍を観られることは大きな励ましであり祝福です。

個人的に特に教えられたことは、2回目の集会での「第一コリント9章からの福音において神の栄光を!」というメッセージの中で語られた「福音を伝えることを目標とする」そして「福音の労には報いがある」このことが心に残っています。

人生の歩みの中で、日々の生活の中で、福音を伝えるためにこのことをしている、そういう確信をもって生きていく、福音を証し続けていくことの大切さを教えられました。

守られ導かれた各プログラム
大渋滞でどうなることやらと思いましたが、プログラムも一つ一つ主に導かれ守られました。楽しかったアクティビティの数々。気持ちよかった湖水浴。直前まで雨が降り中止かと思われたけれども、晴れになり行なわれたエキサイトした教会運動会。教会運動会はやっぱり楽しいですね〜☆子どもたちのキャンプファイヤー。みことばの大切さを教えられた分科会。青年たちは詩篇23篇全部を暗唱聖句して集会で発表してくれました(←すごい!)。そして美味しい食事、部屋での楽しい交わり…。

娘や息子も今年のキャンプに参加して、それぞれ教えられたこともあったり、友と過ごした三日間はとても楽しかったようです。恵みに浴したバイブルキャンプでした。祝福に心から感謝します! 

祈りとご奉仕に感謝!
またこの大人数で行うキャンプのために陰日向でご奉仕くださったすべての方々に感謝します。子ども集会での奉仕。湖水浴のための送迎、湖水浴中の子どもたちの安全を守る引率。集会中の託児…。教会運動会ではたくさんの青年たちやユースたちが奉仕してくれました。運動会で使った椅子を一つ一つ泥を落として洗ってくださった方々、キャンプファイヤーでは暑い中ご奉仕くださったF兄、その他にも気づかないところでも多くのとりなしがあったことでしょう。

そのような多くの祈りとご奉仕で今年もバイブルキャンプが守られ祝福されました。本当に感謝いたします!来年もバイブルキャンプ楽しみですね☆ ありがとうございました!

 

<今日のみことば>
「こういうわけで、あなたがたは、食べるにも、飲むにも、何をするにも、ただ神の栄光を現すためにしなさい。」コリント人への手紙第一10章31節

 

 

Comments are closed.