2014Garmany-13-1

ドイツ紀行、しばらくハンブルク市内の「教会探訪」が続きましたが、ここで、北ドイツの鉄道主要駅であるハンブルク中央駅についてふれることにいたしましょう。

滞在していたホテルからハンブルク中央駅が歩いてすぐと近かったので、移動以外にも、ちょこっとお買い物など何かと中央駅には立ち寄りました。ベルリンに続くドイツ第2の都市の中央駅ということもあり、早朝から夜遅くまで絶えず多くの人で賑わっています。乗降客数はドイツで最も多いそうです。

2014Garmany-13-9

こちらの駅舎は1906年開業と100年近い歴史ある駅舎です。ハイセンスな街ハンブルクの中央駅なので近代的な駅ターミナルビルなどを予想していたのですが、思いのほか重厚な歴史的建物でした(笑)。一方でベルリン中央駅は全面ガラス張りの近代的な駅舎です。

2014Garmany-13-16

ヨーロッパの駅舎って日本の駅にはないどこかレトロな感じがいいですよね。大きな駅のホームを包む高い天井のドーム型の駅舎はまさに「これぞヨーロッパの駅!」って感じです。

2014Garmany-13-15

「世界の車窓」で見たことがあるような素敵な光景。跨線橋からは次々と発着する列車の往来を目の前に観ることができます(←鉄オタではありません)。

全部で14番線までありドイツ国内の主要都市はもちろん、オーストリア、スイス、デンマーク、チェコ、ハンガリーなど外国への列車が乗り入れする大きな駅です。鉄道へ外国へとスッと行き来できるのは島国日本からするとうらやましい限り。

 

2014Garmany-13-13

駅の構内にはたくさんのお店があり活気があります。いろいろなフードコート、パン屋、カフェ、スーパーマーケットや雑貨屋さんなどなど。中央駅で日用品からお土産まで揃いそうです。こちらは日曜日も開店しているショップが多いので便利ですね。

 

2014Garmany-13-10

滞在中、ハンブルク中央駅からICE(こちらでいう新幹線)に乗って、ヴィッテンベルクへ行きました。ミュンヘンやフランクフルトなどの主要都市以外にも、ヴィッテンベルクという地方都市へもICEで一本で行くことができるのはとても便利です。ドイツの鉄道網はかなり便利で優れているようです。

 

2014Garmany-13-12

ハンブルク中央駅、素敵な駅でした!

続く…

 

<今日のみことば>
「あなたがたこそ強くあってほしいのです。力を落としてはなりません。あなたがたの働きには報いが伴っているからです。」歴代誌第二15章7節

 

Comments are closed.