germany-18-01
前のブログに書いた通り、ミニチュアワンダーランドの魅力にすっかり魅了されてしまいました。その精密さ、精巧さ、散りばめられているユーモア、いろいろな仕掛けの本格的なこと。表現しきれません。

例えば、車や列車も外観だけではなく、中にいる人や、ライトまで凝っています。リアランプやハザードランプに至るまで。夜になるともちろん町は暗くなり、車はライト点灯しながら走行します。夕暮れから夜のシーンの美しさはとても幻想的です。

germany-18-02

実は、列車の運行は、リアルな世界と同じようにすべてコンピューターで制御されているそうで、車、船、潮の干潮、音響、昼と夜が変わっていく照明などもすべてコンピューターで管理されているとかです。何十台ものコンピューターが並ぶコントロールセンターの様子も見学することができます。

圧巻は、エアポートのエリアでした。一番だかりができていたのも空港のミニチュアのところでした。ハンブルク国際空港が忠実に再現されています。飛行機の離着陸、ボーディング、スポットインといった航空機の動き、さらには空港内で働く人々、グラウンド(貨物やバゲッジ)の動き、ハンガーなど整備に至るまで、実に見事に再現されています。

germany-18-03

しかもすべてフライトスケジュールに沿って、離発着しています。ご覧のように息子もドイツっ子たちに混じって釘付けで、かなりの時間をこのエアポートのエリアにいました。夜の空港はとてもきれいでした。飛行機好きにはたまらないところです!

ここは時間を忘れて、何時間でもいれそうな感じ。あっという間に時間が過ぎていきます。見れば見るほど、その凄さに引き込まれていきます。きっとここの凄さやいろいろな仕掛けの半分くらいしか味わっていないと思うのですが、それでも家族みんな大満足でした。

列車の車両をそのまま座席にしたレストランも併設されています。お土産コーナーも充実しています!「ミニチュアワンダーランド」は、また行きたくなるとても素敵で思い出に残るところでした!

次回は、ハンブルクの街を流れる「エルベ川」について。

 

【関連記事】
ミニチュアワンダーランド(1)

 

<今日のみことば>
「天を創造した方、すなわち神、地を形造り、これを仕上げた方、すなわちこれを堅く立てられた方、これを形のないものに創造せず、人の住みかに、これを形造られた方、まことに、この主がこう仰せられる。『わたしが主である。ほかにはいない。』」イザヤ書45章18節

Comments are closed.