前稿【Ring the Bells(1)イブ礼拝】に続いて、クリスマス礼拝の祝福です。大まかな祝福は、教会ブログ「千里日記*」の記事(こちら)をご覧ください。こちらのブログでは個人的な感想と感謝を書き残しておきたいと思います。

25日の朝、クリスマス礼拝。天気良好。毎年クリスマス礼拝が行なわれる朝はなんだかワクワクします!一番乗りで教会について、マイクや音響の最終チェックをして、聖歌隊やアンサンブルの最後の声出しとリハーサル。そしてみんなで祈って本番を迎えました。

今年はとにかく多くの方々のご来会があり記録的な礼拝出席者となり本当に感謝でした。25日のクリスマスどんぴしゃの日程で、普段教会に来られない方々は、普通はご家族と過ごす方々が多いと思われますし、今年の日程はクリスマス礼拝の出席にも影響するかなとか、いろいろなことを思っていたのですが、今年は昨年よりもはるかに多くの礼拝出席者に御名を崇めました。

クリスマス礼拝は、通常の礼拝の送迎バスでは間に合わないので、大型観光バスをチャーターして、千里中央駅&北千里駅から教会直通の送迎を用意しました。 礼拝のはじまる前に、大型観光バスが教会に到着して、人々がバスからどんどんと降りて来る様子を見て、感謝し興奮しました。思い切ってチャーターバスを用意したことも用いられて感謝でした。

駐車場は、教会敷地内はもちろん満車。敷地内のメイン駐車場はゲストだけで満車でした。隣の病院様はじめ、近隣企業の駐車場、銀行や葬儀会館の駐車場などを追加でお借りして対応しました。これ以上礼拝出席者が増えると、今後キャパシティのことを考えなければなりません。うれしい悲鳴ではありますが今後の検討課題です。

2016年のクリスマス礼拝のテーマは「Ring the Bells」。教会創立50周年を記念して与えられたハンドベルの演奏も盛り込んだ、聖歌隊と楽器アンサンブルによるクリスマスプレイズを朝の礼拝では上演♪

誰もが耳にしたことのある有名なクリスマス賛美をダイナミックにアレンジした曲、聖書が伝えている本当のクリスマスの意味を伝えるクリスマスの美しい賛美を、ソロ、バックコーラス、カルテットなどを交え歌い、途中、羊飼いや博士たちの礼拝など、キリスト降誕のストーリーと絡めながら、主のご降誕を賛美音楽を通してほめたたえました。

聖歌隊62名、アンサンブル15名、キャスト10名、裏方スタッフ18名と、総勢105名メンバーでお贈りする、教会の年間を通じても最大級の音楽プロジェクト。もちろん、本番は聖歌隊をはじめ皆さん最高の賛美をおささげしてくださり、賛美を通してクリスマスをお伝えできたことは本当に感謝でした。

大成功の裏には、多くの教会の方々のお祈りがありましたことを感謝します。毎年クリスマスプレイズの構成と演出の責任を執る身としては、実は今年も最後までドキドキでした。というのも、照明スタッフが、インフルエンザでダウン。急遽本番前の日代役スタッフを立てなければならなくなった時は、私自身が倒れそうになりました(汗)。

そのような中で、代役の照明スタッフが与えられ、かなり急ピッチでの調整が必要ではありましたが、おそらく本番を観られた方は、そうのような調整があったことは全くわからないほど素晴らしく活躍してくださり、心と思いひとつにして奉仕ができました。

聖歌隊メンバーをはじめ、この日に至るまで多くの時間を割いて練習に励み備えてくださった多くの教会のメンバーに心より感謝します。

以下、クリスマス礼拝来場者アンケートより(抜粋)


  • 聖歌隊の賛美 “Ring the Bell” みんなとても素晴らしい曲でした。感動しました!
  • きれいな歌声と素敵な雰囲気で豊かな時間を過ごさせて頂きありがとうございました。
  • とても美しい賛美で感動しました。礼拝に参加することができてよかったです。
  • とてもよかったです。クリスマスに教会に伺うのは初めてで、さすがいつもの礼拝と違い盛大にお祝いされて今年はクリスマスが単なるイベントではなく本当のお祝いする目的を知り意義ある時間だったと思います。
  • “Ring the Bell”はとてもよかった。特に若い姉達のハンドベル、子どもたちの賛美とベルとてもよかったと思います。感動でした。
  • すごく良かったです。クリスマスの素晴らしさを覚えました。
  • はじめて来ましたが思っていたより気軽に参加できてよかったです。
  • 感動の嵐でした。
  • すばらしいプレイズと共にクリスマスを迎えられて幸せでした。ありがとうございました。
  • 聖歌隊・子ども聖歌隊の賛美は涙が出ました。
  • 子どもも喜んで聴いています。初めて聴いた曲でも心に届いているんだなっと素敵なことだなと思っています。
  • クワイヤの方々のコーラスがとてもすてきでした。
  • 選曲・構成・賛美すべて素晴らしかったです。主の栄光が現れたと確信します。小川先生のメッセージは新来者にとってストレートに神さまのことを真実に語ってくださいました。あまりにもわかりやすい。クリスマスの賛美の素晴らしさに感動し、教会の美しく神聖な雰囲気を味わいたいと思ってきている新来者(未信者)に対して遠慮することなど全くなく、神様についてイエスさまの誕生について直球を投げられました。自信と確信満ち、聖霊に満たされ堂々と語られるメッセージに信者である私も心動かされ興奮しました。
  • 神様が私たちと共にいて下さる意味がよくわかってよかった。
  • 毎年毎年素晴らしい賛美、自然と涙が流れてしまいます。兄弟姉妹たちの健康をお祈りします。
  • 一人でも多くの人にこの教会に来てほしい。来年のクリスマスにはバイオリンコンサートだけでなく、朝のプレイズにも力強くお誘いしよう思うことができました。クリスマスプレイズにかかわったすべての人を助け導き守ってくださったことを感謝します。
  • 友人(カトリック)が来てくれて喜んで帰りました。クリスマスの機会に神様からのプレゼントを頂いた気分です。メッセージもわかりやすかったと改めて考えさせられたと言っていました。
  • 素晴らしい歌声を聞いて心が和みました。
  • いつも出来上がりを拝見するたび構成・演出他プロの方がされているようで本当に恵まれます。準備が大変だったと思いますが聞くものにとっては最高でした。ありがとうございました
  • 大変楽しく聞かせていただきました。素晴らしい歌声で感動いたしました。
  • 感動しました。心からの喜びを味わうことができました。イエスさまを知らない人、まだその喜びが個人的にわからない人に教会でのクリスマスにお誘いしたいと強く思います。
  • 聖歌隊の賛美とっても感動しました。出来るだけ時間を作ってきたいと思います。
  • 毎年本当にすばらしい賛美に感謝します。とても心がわくわくし恵まれました。
  • 素晴らしい楽器に素晴らしい歌声にパートに分かれたメンバーが一つになることでいいハーモニーでした。
  • いつもクリスマス礼拝楽しみにして来ていました。素晴らしい歌を聞かせてもらって感動しました。
  • いつにもましてわかりやすく良かったと思います。
  • とても美しい歌声と伴奏で心が清らかになったような気がしました。
  • 素晴らしい賛美に感謝します。完成度が高く演出が素晴らしかったです。感動しました。
  • 大変素晴らしいプログラム・内容でした。参加することができて感謝しております。
  • 賛美が素晴らしかった。メッセージも心打たれた。
  • 聖歌隊の賛美にはイエスさまの栄光が現れているように感じました。
  • 子どものベルをならす曲が抜群に良い。
  • 聖歌隊とてもよかったです。子どものJoyJoyクリスマスもとても楽しかったようです。ありがとうございました。
  • クリスマスの本当の意味がよくわかる構成になっていてとてもよかった
  • 力強いクリスマスプレイズ感謝します。聖霊に満たされた礼拝、主の恵みを覚えます。
  • クリスマスというものがどのような日であるかということを知ることができた。これからはクリスマスの日の過ごし方を改めようと思った。
  • 演出がすごい。練習や準備をしっかりされていると思った。
  • イエスキリスト様の誕生について賛美歌を通してわかるようになりました。とてもよかったです。
  • 歌声が胸に響きました。改めて主イエスキリストが私と共におられることを感じる事ができ、心安らぐ気持ちになりました。
  • すばらしい聖歌の賛美に時間を忘れて心奪われたひと時に感謝します。
  • 新旧の聖なる賛美、本当に感動しました。
  • この教会には初めて来たのですが演奏、歌声には感動しました。メッセージも貴重なお話を聞けてよかったです。
  • 聖歌隊の賛美が天に響いている気がしました。
  • 聖歌隊の美しい歌声やベル・フルート等の演奏の質の高さに驚きました。とても感動しました。心が洗われたようでした。
  • はじめてクリスマス礼拝に参加させていただきましたが感動しました。
  • とても素晴らしかったと思います。普段なかなか味わうことができないので大変に心地よい時間を過ごせました。

その他、感謝と励ましの声多数。神さまが私たちの賛美を用いてくださったことを感謝し全ての栄光を主にお帰しします!ハレルヤ!

 

礼拝堂は満堂。二階席も満席。補助椅子を出して対応しました。朝の礼拝だけで、昨年9月に行なわれた教会創立50周年式典の時のような感じでした。本当に感謝です。教会の近隣からもたくさんの方々が今年のクリスマス礼拝にお越しくださいました。地域から来てくださることが何より感謝ですね。それからクリスマスの案内(チラシ)をご覧になられての来会者もたくさんありました。

今年のクリスマス礼拝。聖歌隊によるクリスマスプレイズも、牧師によるストレートなクリスマスメッセージも、クリスマス礼拝の第二部として別館にて行なわれた「子どもJoyJoyクリスマス」も、すべてが恵まれ祝福され本当に感謝でした。

— 個人的なところでは、前年度、PTA活動をご一緒にさせていただいた役員メンバーたちも、昨年に続いてこのクリスマス礼拝にたくさん来てくださり、教会のことを見、また知っていただくことができ良い証の時となり感謝でした。

また、クリスマスプレイズでは、妻はピアノで、娘はハンドベルで(受験勉強が忙しくなる中で、一生懸命に練習して本番に備えました)、息子は裏方の道具係として(シーンの入れ替え暗転時に飼い葉桶の出し入れ)、私はヴォーカルと構成&演出の方で、家族みんなで奉仕できたことも祝福でした。

年が明けて、1月の礼拝に、クリスマス礼拝にはじめて来られたファミリーが、「クリスマス礼拝に参加させていただき、とても良かったので、また来させていただきました。」と続けて来てくださっていたりと、祝福は続いています。

2016年のクリスマス礼拝も、イブ礼拝、そしてクリスマス礼拝、ヴァイオリンコンサートと、すべてに神さまの大いなる祝福がありました。多くの皆さまとご一緒に私たちの救い主であるイエス・キリストのご降誕をお祝いし礼拝できたことを心より感謝いたします。ハレルヤ!


 

【関連記事】

 

<今日のみことば>
「マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。」マタイの福音書1章21節

Comments are closed.