満堂の列席者、大会衆とともにささげる賛美には、一同が聖霊の励ましを受け、天国の前味を味わうかのような感謝と喜びにあふれるひととき。聖歌隊の皆さんの力強い賛美のリードに励まされました。

続いて、教会歴史を振り返る記念ムービー「恵みはとこしえまで」の上映。千里ニュータウンバプテスト教会の50年の長い歴史は、とても数分ではまとめきれないのではありますが、主が私たちの教会に与えてくださった恵みの「軌跡」を映像で振り返ることができ感謝でした。

 

 

ムービーの時間は、多くの方が涙し、思い出に笑顔ほころび、感謝をささげ、主に栄光を帰すことができた時となりました。開拓当初の集会所時代の様子が映し出された時には、ドン・シスク師は大粒の涙を流して観ておられ、私も感動いたしました。私たちの知り得ない祈りとご苦労が開拓当初にはあったことを思いました(過去記事:ドン・シスク師について)。このムービーは、もう一度観たいとの声を受けて、翌週の日曜日も上映いたしました。

記 念ムービー映像編集は、記念誌原稿を入稿してから、作成に取りかかり、式典まで多忙を究めました。式典プログラムの関係上短くまとめなければならず、大変ではありましたが、式典の後で多くの方々から「感動しました。」「涙があふれて止まりませんでした。」などなど恵みの感想をお聞きし感謝でした。

今回、記念誌編集でも感じた事ではありますが、編集作業をしながら、この教会に与えられた祝福、霊的遺産・レガシーは、とてつもない祝福であることを改めて思わされ、ただただ主に感謝をおささげすることができました。ハレルヤ!

 


【関連記事】

 

<今日のみことば>
「主は私たちのために大いなることをなされ、私たちは喜んだ。」詩篇126篇3節

Comments are closed.