今年のハレルヤフェスティバルは、ハレフェス史上最高の500名を超えるご来会者を迎え、大祝福&大盛況のうちに行なわれ素晴らしい日となりました。教会の皆さまのお祈りと尊いご奉仕、この日のためのご準備に心より感謝します。ハレフェスの大きな祝福に興奮冷めやらぬ中、恵みを書き綴りたいと思います。

10回目の開催に感謝!
2008年に大きな駐車場が与えられてから毎年夏に行なっているハレルヤフェスティバルは、10回目を迎えました。当初は教会に集っている親子ファミリーの親睦を目的とした内部的なものでしたが、年々好評を得て、友人家族などを誘いたくさんのゲストの方々が来てくださるものに発展して行きました。そして今や教会近隣の地域の子どもたちや保護者の方々が大勢来てくださるフェスティバルへと祝福のうちに導かれて来ました。今ではクリスマスに次いで多くの方々が来てくださる日となっています。

実は、10回目を数えプログラムも毎年創意工夫を祈りつつも、今年も迎えるにあたり、慣れ感というかどこかマンネリ感が否めない気持ちがあったのですが、神さまはそのような不安を一気に吹飛ばす大きな祝福を今年与えてくださり、私たちを励ましてくださいました。こんなにも子どもたちが集まって来てくれるんだ!もっと大きなビジョンをもってやっていいんだ!と、子ども伝道と地域伝道への思いを新たにさせられました。

4時の始まる頃には、どんどん地域のファミリー世代の方や、教会のメンバーにお誘いを受けた人など、礼拝堂は二階席にまで人が溢れました。クリスマス礼拝に次ぐご来会者に大変嬉しく思いました。用意していた自転車置き場はあっと言う間に満車になり、より多くの駐輪スペース確保は来年への課題となりました。それほどご近隣から多くの方々がお越しくださいましたことを心より感謝します。

礼拝堂には、子どもたちの賛美があふれ、みんなで賛美の喜びに満たされました。パペットや劇もとても良かったです。聖書からの福音メッセージもお伝えすることができ感謝でした。

 

第二部のフェスティバルは、屋外も使用して行なわれますが、天候も守られて感謝でした。毎年、暑さが厳しくなるこのシーズン、晴れの日でも安心できないのが、夕方のゲリラ雷雨です。過去にも夕立が強く、一部プログラムを変更せざるを得ない時もありましたから、毎年本番を迎えるにあたり天候の守りを切に祈るわけですが、今年は晴れが守られ感謝でした。少々小雨がパラついたものの、これもミストのように逆に涼を得る効果となり良かったです。

イートコーナーも昨年の倍のスペースを用意してもそれでも足りないほどの大盛況ぶり。フードは足りなくなるほどでゲスト優先しましたので教会のメンバーにはフードが行き届かなく申し訳ありませんでした。裏を返して言えば、それほど多くの人々が来てくださったということでまさしく嬉しい悲鳴となりました。来年はさらなる来会者を想定してもっと増やして備えましょう!

焼きそば、フランクフルト、からあげ、プルコギバーガー、かき氷にポップコーン。ご準備くださった方々の尊いご奉仕に感謝します。ソフトドリンクは、お隣の巽今宮病院様からの協賛で、心より感謝いたします!

子どもたちが楽しみにしているゲームアトラクション(バスケットボールシュートバトル、電撃イライラ棒、スーパーボールすくい、フェイスペイント、フライングディスク、アームレスリング、射的、ビーズアクセサリー)、各ブースでは青年会のメンバーを中心にユースと若い兄姉が本当によく奉仕してくれました。奉仕した一人ひとり、みんながチャンピオンです!思考を凝らせて、楽しく飽きさせないゲームブースを用意して、今年も新しいブース、グレードアップしているブースを提供できました。みんなの賜物が用いられている姿を見て感動しました。

教会の皆さんはもちろんのことながら、たくさんの地域の方々を迎えて、おいしいフード、楽しいゲーム、親子、家族(孫)親子三世代、まさに老若男女みんなそろって楽しく笑顔いっぱいのひとときでした。

 

今年は、特に子どもたちやユース世代が多く集われ、加えて今年は、教会の所在する今宮三丁目を中心として、地域の方々が大勢来てくださいました。校区の小学生たち、そして中学生たちがたくさん来てくれたことも嬉しかったです。教会のバスケットボールをしに来てくれている生徒たちもたくさん来てくれました。娘や息子の学校のクラスメイトたちも来てくれ感謝でした。

PTA関係者もお子さまを連れて来てくださり感謝でした!案内チラシを見て来られた方も多くありました。ある地区では教会外のどなたかがハレルヤフェスティバルの案内を自治会の回覧板にはさんでくださったりと、そのようなご好意と、教会が主催する催事が地域へ浸透していることを感謝しました。道路沿いに連ねて掲げたのぼりも用いられました。感謝!

神の小羊をあらわしているハレフェスイメージゆるキャラの「ひつじの羊一(よういち)くん」も定着してきたかな?(笑)何よりもたくさんの方々に私たちの教会のことを知っていただき、福音をお伝えする機会となり感謝します。

規模が年々大きくなり、来年に向けて検討を行いました。これからまた来年に向けて祈りつつ準備をしてまいりたいと思います。続けて、私たちの教会が、キリストの福音を伝え、主に愛され、地域の人々にも愛される「すべての民に好意を持たれる」教会として、そして子どもたちがたくさん集まる教会として成長できますようにと願っています。 ハレルヤ!


【関連記事】

<今日のみことば>
「喜びと真心をもって食事をともにし、神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。」使徒の働き2章46-47節

Comments are closed.