教会の公式ウェブサイトがリニューアルしました!今一番アクセスの多いスマホやタブレットなどから見やすくなっています。ひとまず最低限の情報をアップしていますが、今後、順次ページ内容も充実させて行く予定です。

併せて、Instagramもスタート!これからはインターネット伝道(ウェブサイト)のみならず、SNS伝道の時代ですね。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

【Website】
https://senrinewtown.com

<今日のみことば>
「すべてのことを、福音のためにしています。」コリント人への手紙第一9章23節

Happy New Year 2018

On 2018/01/06, in diary, by admin

HAPPY NEW YEAR 2018 !!
今年もよろしくお願い申し上げます。

2018年 1月

 

<今日のみことば>
「起きよ。光を放て。あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に輝いているからだ。」イザヤ書60章1節

 

いよいよイエス・キリストのご降誕をお祝いするクリスマスを迎えます。なんといっても、クリスマスは、一年間で最も多くの人々が教会に訪れてくださる時です。今年も素晴らしいクリスマス礼拝とをおささげできるようにと祝福を心からお祈りしています。

教会のクリスマス礼拝は、どなたでも来ていただけます。よく「信者さんしか礼拝には参加できませんか?」「キリスト教とは関係ない者でも礼拝に参加してもい いのですか?」など尋ねられるのですが、クリスマス礼拝はどなたでもお越しいただけます。地域の方々もたくさんお見えになりますし、皆さまを心より歓迎いたします。

Continue reading »

久々のドイツ紀行になりました。宗教改革500周年の節目の年に、宗教改革の源流の町ルターシュタット・ヴィッテンベルクを訪問したことをシリーズで書き綴りたいと思います。(写真上:ヴィッテンベルクのマルクト広場に立つマルティン・ルターの銅像)

ヴィッテンベルクは宗教改革の発信地として宗教改革家マルティン・ルターが活躍した町です。ルターの名前が冠しているように、町全体がルターにまつわる記念建造物として世界遺産に登録されています。

Continue reading »

音楽の秋。Kids Church秋恒例の行事「こどもミュージックコンサート」が行なわれました。昨年よりこの日を参観日として、保護者の方々にも教会学校(Kids Church)を観に来ていただいています。この日、保護者の皆さんも多くお集りいただきありがとうございました。

Continue reading »

11月5日(日曜日)は、父の牧会50周年記念礼拝&祝賀会でした。教会の皆さまのご愛と祈りに心より感謝いたします。そして、50年間、神に仕え、人々に仕え、牧師としての忠実な働きを続けて来た父を心から尊敬します。これまで千里ニュータウンバプテスト教会の牧師としての主にある聖なる務めが主によって守り導かれたことを心より感謝いたします。

Continue reading »

Tagged with:  

昨年に続き、市内の公立中学校から「職場体験学習」で教会が実施先となり、二年生の生徒さんが3日間教会でのお仕事を体験していただきました。

教会としても、地域の中学生が、このように職場体験先として「キリスト教会」を選んでくださることは本当に嬉しいことで感謝しています。昨年はお隣の校区から、今年は教会から一番近い校区からでした。

Continue reading »

1517年10月31日、マルティン・ルターが、ヴィッテンベルク城教会の門扉に「95か条の提題」を張り出し、ローマ教皇庁 に公然と抗議しました。この改革運動が全ヨーロッパに広まり、カトリック教会に対してプロテスタント教会が生まれました。

三年前、ドイツ・ヴィッテンベルクを訪れる機会がありました。写真はその時に撮ったものです。

プロテスタントの源流の地を訪ねて、ルターが説教した場所に立ち、そして、95か条の提題を張り出した教会のまさにその扉の前に立ち「従うべきはただ聖書のみことば」「救いは行ないによらず、信仰によってのみ」というルターの「聖書に戻ろう!」との信仰に心熱くされました。

500周年の時に書き綴ることができればと思っていた「ヴィッテンベルク訪問記」を予定していますので、詳しくはその時にお分かちしたいと思います。

 

御神は城なり盾なり武器なり 悪に勝たしむる強き助けなり
年を経たる暗きの長 秘術尽くし攻め来たるも などか恐るべき
我らの力は 弱く頼りなし されど選ばれし神の人ぞある
そは誰ぞや 万軍の主なるキリストイエス 勝ちを得たもう 唯一の神なり

悪魔世に満ちてよしや脅すとも 我らは恐れじ 神は味方なり
この世の君 凄み顔に迫りくとも 何かはあらん 勝ちは定まれり
御神のことばは前に進むなり 我らのうちには聖き御霊あり
この命も宝も名も 子らも妻もささげまつらん 神の国のため

「私たちは感じることや私たちの前に見えるものによって判断してはなりません。
従うべきことはみことばだけです。」マルティン・ルター

 

<今日のみことば>
「神はわれらの避け所、また力。苦しむとき、そこにある助け。それゆえ、われらは恐れない。」詩篇46篇1-2節

 

ハロウィンって?

On 2017/10/27, in Church ministry, diary, by admin

ハロウィンの季節ですね。下記の記事は二年前に教会の青年クラスの日曜学校で行なったQ&Aの学びの抜粋です。

Q. ハロウィンっていったい何ですか?
クリスチャンは、ハロウィンをどのようにとらえたら良いのでしょうか。お祝いしてもいいのでしょうか。

A. ハロウィンは、今では季節のお祭りごとのように楽しまれていますが、元々は悪霊や魔術的なこととの関連が深いことを知り、クリスチャンとしてよく考えて行動する必要があります。

Continue reading »

Tagged with:  

主の臨在と祝福に満ちあふれた式典の後は、レセプション&フェロシップのひととき。ご臨席賜りました来賓の先生方や、当教会出身の伝道者の先生方ならびに元教会員の主にある兄姉、さらには諸教会の主にある先生方など、新旧の交わりに大変祝福される時となりました。

この日、50年の教会の歴史の中で当教会から派遣された出身伝道者たちが50名以上集まることができたことは大変大きな祝福でした。宣教師たちも派遣されている海外から帰国しました。教会の同窓会のようで交わりは盛り上がり、皆さん口々に言っておられましたが「さながら御国のごとし」主の恵みの宴となりました。

Continue reading »

Tagged with: