久々のドイツ紀行になりました。宗教改革500周年の節目の年に、宗教改革の源流の町ルターシュタット・ヴィッテンベルクを訪問したことをシリーズで書き綴りたいと思います。(写真上:ヴィッテンベルクのマルクト広場に立つマルティン・ルターの銅像)

ヴィッテンベルクは宗教改革の発信地として宗教改革家マルティン・ルターが活躍した町です。ルターの名前が冠しているように、町全体がルターにまつわる記念建造物として世界遺産に登録されています。

Continue reading »